医療法人仁聖会 さむかわ富田クリニック

サイトマップ
0467-72-5777
受付時間:AM8:30〜12:00 PM2:30~6:00

最新ブログ

湘南地区で大腸肛門病を専門とする
医療法人社団仁聖会『さむかわ富田クリニック』のブログです。

2022年06月30日 「 熱中症 」のはなし

平年より早く梅雨があけて、暑い日が続いていますが、体調は大丈夫ですか? 今回は「 熱中症 」のお話をしたいと思います。

「 熱中症 」って?
熱中症は、暑い所にいて、汗により体の中の水分や塩分が減ってしまったり、体温が上がりすぎてしまうことで起こります。
健康な人でも、部屋や車の中にいても、夜でも、湿度が高いだけでもかかる可能性のある病気です。


熱中症の症状は?
熱中症の症状には分類があります
1度(軽症):めまい、立ちくらみ、筋肉痛、こむら返り、汗をふいてもふいても出てくる
2度(中等症):頭痛、吐き気、嘔吐、全身のだるさ、暑いのに汗が出にくくなる
3度(重度):意識がもうろうとする、けいれん、体温が40℃以上になる
上記の症状が出た場合は早めに病院に受診しましょう、3度の場合は命が危険な状態なので、救急車を要請しましょう!


防ぐにはとうしたらいいの?
暑い日はできるだけ涼しい場所にいるようにしましょう。
室温・湿度を温湿度計で確認し、調整しましょう。
脱水にならない様に経口補水液などで水分を十分摂取しましょう。
嘔気などで水分が摂取出来ない場合は点滴が必要になります。すみやかに医療機関に受診しましょう。

新型コロナウイルス感染症予防のため、発熱の症状がある場合、発熱外来をご案内する場合がございます。
まずは、ご相談ください。